歯に関するお悩み、お答えします。

歯医者に関するお悩みをすっきり解決!

*

歯科衛生士の仕事って何?

      2016/03/02

Q.歯科衛生士の仕事って何?

A.歯科衛生士は専門学校または短大の歯科衛生士科を卒業し国家試験に合格しなければなりません。

合格すれば1年目から衛生士として開業医や大学病院、総合病院で働くことができます。

歯科衛生士の仕事は歯科衛生士法により3つの業務が定められています。

①歯科予防処置

主な予防処置としては歯周病の予防虫歯の予防です。

歯周病の予防は歯垢や歯石などの沈着物を機械や器具を使って除去します。

これは虫歯の予防にも繋がります。

虫歯の予防にはフッ素塗布やシーラントを行います。

患者さんに直接触れる仕事は、専門の教育と訓練を受けた歯科衛生士と歯科医師という法的な資格がなければ行うことは出来ません。

②歯科診療補助

歯科医師の行う治療のサポートをすることです。

サポートの内容も幅広く治療中のアシストから歯周病のコントロールまで幅広い補助をします。

歯周病がひどい状態できれいな詰め物を入れても砂の上に立派な家を建てるのと同じです。

きっちりした土台を作るのが衛生士の一番の仕事と言ってもいいでしょう。

また歯科医師が虫歯の部分を削った後にCR修復を行うことや口の中で仮歯を作ることもできます。

③歯科保健指導

乳幼児、学童、成人、障害者、高齢者に対し、口腔衛生の指導を行います。
保育園や幼稚園・小学校・地域の保健センターなどへ出かけて指導することもあります。1歳半検診や3歳児検診で検診の手伝いや歯磨き指導をしてるのも衛生士です。

最近では老人ホームに衛生士がいるところもあり入居者に方の口腔ケアをしています。

口腔ケアを行うことで誤嚥性肺炎の予防にもなり需要が増えつつあります。

このように歯科衛生の主な仕事は3つですが正直な話。。。。

務めるところによって仕事の内容はまったく変わります。

衛生士といえどなにもさせない所もあれば予防処置や患者さんにたいする指導などどんどんさせる所もあります。

就職先に関しては就職先の見学や先輩から業務の内容を聞くなどしてしっかり選びましょう。

 

 

 - 未分類