歯に関するお悩み、お答えします。

歯医者に関するお悩みをすっきり解決!

*

えっ!?根っこの治療をもう一度??

      2016/03/02

「虫歯が神経にまで達していますね。」

そういわれて神経の治療をした経験のある方も多いのではないでしょうか?

そしてやっと治療が終わり、数年後。。。

咬んだ時に違和感?痛み?治療した歯の歯ぐきが腫れた。

そんな経験ありませんか?

今回はこのように一度根っこの治療をしたところの再治療についてです。

なぜ症状が?

今回のようなケースは、一度治療が終わった後に感染が起きてしまい根っこの先に病気をもってしまって症状が現れます。

根っこの先に病気を持つと膿を持ち、歯の周りの骨を溶かしていきます。

これをレントゲンで見ると黒く透過像として現れ、これを根尖病巣と呼びます。

特に急性症状が出た場合は激しい痛みが伴います。

その一方で、慢性化して特に症状がないケースも少なくありません。

また治療が必要!?

根尖病巣は自然治癒することはありません。

慢性化して症状がない場合などは様子をみることもありますが症状がある場合は、再度根っこの治療が必要です。

慢性化していても、急性化することもありますので経過観察が必要です。

■主な症状

・なにもしてなくてもズキズキ痛い

・咬んだ時に痛み・違和感がある

・歯ぐきがぷくっと腫れてきた

・歯ぐきを押えると違和感がある

■治療方法

~再度根っこの治療を行うことによって治療を行う場合~

感染根管処置

①治療が終了している場合は多くの場合で左の図のようになっています。

②根っこの先の病巣(病気の部分)にアプローチできるように冠→土台→最終的な薬の順番で除去していきます。

③あとは基本的な感染根管治療と同じです。(感染根管治療についてはこちら

④針(リーマーまたはファイル)を使って感染している部分を除去していきます。

⑤根っこの中がきれいになるまでお薬の付け替えを何度か行います。

⑥根っこの中がきれいになった所で根っこの中に最終的な薬をいれて根っこの治療は終了です。

 

~外科的に治療を行う場合~

外科的に治療を行う場合、病気の原因となっている根っこの先を切り取ってしまう方法です。(歯根端切除術)

①まず麻酔を行います。

②病気を持っている部分の歯肉に切開を行います。

③病気の部分の骨を削り、病気で骨が溶かされている部分が直接見えるまで削ります。

④病気の部分が直視出来る状態になったら原因となっている根っこの先端を切り取り、病気の部分と一緒に除去します。

⑤後は切開を行った歯肉を縫い合わせて終了です。縫い合わせる前に、治癒を早くさせるために病気があった部分に人工的な骨を詰めることもあります。

どちらの治療も病気の原因となる感染源を取り除くということに変わりはありません。

外科処置は患者さんの負担も大きくなるので基本的には再度根っこの治療を行って、治癒が難しいケースにおいて外科的な治療が行われることが多いです。

まとめ

再治療は神経を取る処置を行った場合に必ず起こりうる事です。

どんな専門の歯医者で治療をしても再治療の可能性は低くありません。まずは神経を取るまで虫歯を放置しないことが大切です。

そして、神経を取った歯だからと安心しないことです。

定期的な検診を必ず受け、違和感や痛みがある場合は恥ずかしがらずに歯科医師またはスタッフに伝えてください。

早め、早めの対応も治療期間を短く、歯の寿命を延ばす為にも絶対不可欠です。

 

 - 虫歯 , , , , ,