歯に関するお悩み、お答えします。

歯医者に関するお悩みをすっきり解決!

*

歯を抜いた後は要注意!!ダメ!放置!

      2016/03/02

歯を抜いた経験がある方も多いのではないでしょうか?

歯周病、虫歯、外傷などなど様々な理由で歯を抜かなければいけなくなった方、抜いたままにしてませんか?

抜いて安心して一度も歯医者に行ってないなんてことはありませんか?

今回は歯を抜いてあとに起こる事について書きたいと思います。

抜歯の後の注意事項

・長い入浴、飲酒、激しい運動など血流が良くなることはしない

血流がよくなると抜いたところから出血してしまう恐れがあります。抜歯当日はできるだけ上のような行動は避けましょう。

・激しいうがいはしない

歯を抜いた後は穴が開いている状態になります。その部分は時間と共に塞がってきますが、その為には穴の中に血が溜まって血餅(けっぺい)ができなければいけません。かさぶたのようなイメージですね。激しいうがいをすることでその血餅(血の塊)が流れ出てしまいます。流れ出てしまった場合はドライソケットとなり激しい痛みが続き、治りが遅くなります。

・麻酔が効いてる間は頬っぺたなどを咬まないように注意

麻酔が効いていると頬っぺたを強く咬んでもわかりません。頬っぺたを強く咬んでしまうとびっくりするくらい腫れてしまいます。麻酔が効いている間の食事は特に注意が必要です。

・お薬が出ている場合、指示通り服用してください

お薬が出る場合は抗生物質と痛み止めのケースが多いです。痛み止めは痛くなければ飲む必要はありません。抗生剤は指示通り服用して下さい。お口の中にはたくさんの細菌がおり、感染予防する為にきちんと服用して下さい。もし薬を飲んで下痢になったり湿疹が出た場合は歯科医師に相談してください。

・咬んでいるガーゼは20分から30分で捨てて下さい

止血の為にガーゼを咬んでもらうことがあります。このガーゼは20~30分で必ず捨てて下さい。咬み続けているとガーゼが血を吸い続けてしまいます。抜歯当日は唾液の中に少し血液がにじむくらいは特に問題ありません。何もしてなくて口の中いっぱいに血が溜まるような場合は歯科医師に相談してください。

93218075022bb554db8f1f4569de2d11_s

抜歯後の放置は危険

抜歯をしてから抜いた所が治るまで1か月~2か月かかります。

もし抜いた部分にインプラントを予定している場合は半年近くかかる場合もあります。

親知らずに関しては抜いた後もそのままにしておいて問題ないケースが多いですがその他の歯は基本的に抜いた部分に歯を入れる処置が必要になります。

抜歯後そのまま放置しておくと歯を抜いて出来たスペースに向かって歯が動いてしまいます。

歯が動いてしまうとその後そこに歯を入れようとしてもスペースがなくなってしまったり、咬み合わせが崩れることによって顎関節症になってしまうこともあります。

ずれた咬み合わせを治療するのはかなりの時間がかかりますし、治療も大がかりなものになってしまいます。

まとめ

抜歯を行うと痛みがあった部分が痛みがなくなり安心してしまいがちですが、大切なのは抜歯した後です。

抜歯後の注意を守らなければ治りが悪くなってしまいます。そして通院をしなくなるとお口の中の環境は大きく崩れてしまうことになります。

抜歯をしなければいけなくなることは年齢的なものも含めて仕方のない部分もありますが、その後の処置をしっかり受けなければ抜かなくてよかったかもしれない歯もダメになってしまう危険性があります。

抜歯をした後はしっかりその後の処置を歯科医師と相談して最後まで治療を終えるようにしましょう。

 - 抜歯, 親知らず