歯に関するお悩み、お答えします。

歯医者に関するお悩みをすっきり解決!

*

歯医者が教える白い歯を手に入れる3つの方法

      2016/03/02

芸能人のような白い歯を!!

多くの人が思ったことがあるのではないでしょうか?

今回はそんな人たちへ『白い歯を手に入れる3つの方法』を紹介します。

『歯医者が教える白い歯を手に入れる3つの方法』

①PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

PMTCとは歯科衛生士が特別な道具を使って行う歯のクリーニングの事です。

プラークや歯石の除去を行い、虫歯や歯周病の予防を行うのと同時に歯の表面をキレイに研磨します。

この研磨によってヤニやコーヒー、茶渋(ちゃしぶ)などの歯に着いたステイン(着色)を落とすことが出来ます。

そして、歯の表面をツルツルに磨くことにより再びステイン(着色)が着きにくくなります。

これでご自身の元々の歯の白さを取り戻すことができます。

※注意点※

PMTCでキレイになるのは外因性の着色のみです。

もともと歯が白くない場合はそれ以上白くなることはありません。

しかし、着色によって歯が白くないのか?それとも、元々の色が白くないのか?判断するためにもPMTCは必ず必要です。

②ホワイトニング

ホワイトニングには3種類の方法があります。

①ホームホワイトニング

②オフィスホワイトニング

③ウォーキングブリーチ

①と②は神経が生きている歯に対して行う方法。③は神経が死んでしまって変色している歯に対して行う方法です。

0eea40d3169b163b073eb7d9905eaa5b_s

①ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは家で出来るホワイトニングです。

歯医者に行き自分専用のマウスピースを作ってもらい中に専用の薬液を入れて1日約2時間使用します。

ホームホワイトニングは継続して行うことが大切で間違った方法で行うと効果が得られないこともあります。

効果が出るまで1週間~2週間かかります。

また知覚過敏の症状が出る可能性もあります。

特にホワイトニング中は食べ物にも注意が必要でコーヒーなど着色が起こりやすい食べ物などは控えなければ十分な効果が得られないの注意が必要です。

②オフィスホワイトニング

こちらは歯科医院で行うホワイトニングです。

歯科医院で歯に専用の薬液を塗り、光を当てます。このままの状態で30分から1時間置きます。

オフィスホワイトニングの利点は効果がすぐに現れることです。

しかし、あと戻りも起こりやすい為、ホームホワイトニングと一緒に行うのが一般的です。

③ウォーキングブリーチ

歯科医院で行うホワイトニングの方法で神経が死んで変色している歯に対して行うホワイトニングです。

神経の治療はしているけど被せ物などをしていない歯は徐々に黒っぽく変色してきます。

この変色をキレイにするには歯の内部から白くホワイトニングする必要があります。

bleach004左の図のように歯の内部に専用の薬剤を入れ、歯の内部からホワイトニングを行います。

1週間から2週間に一度、薬剤の付け替えを行います。

この方法も長期的にみていくと後戻りをすることがありますので基本的に神経の処置が終わった歯には被せ物をした方がキレイな状態を長く保てるでしょう。

 

 

 

※注意点※

これらのホワイトニングで白くなるのはご自身の歯だけです。

差し歯など人工的に作られた歯の変色はキレイになりませんのでホワイトニングが終わった後に周りの歯に合わせて補綴物(被せ物)を作り変える必要があります。

③補綴物(被せ物)

多くの芸能人がしているのはこの方法でしょう。

前歯など見える部分を被せ物でキレイにする方法です。

この方法のいいとことは歯の色と形、歯並びもキレイにすることができることです。

現在は材料の進歩によってかなり自然な色で補綴物を作ることが可能になりました。

まとめ

白い歯にしたい!!

皆さんそうですよね?でも白くする方法って一般的にホワイトニングくらいしか知られてないのが現実です。

しかし、ホワイトニングといっても色々な種類があり、補綴物の事まで考えてない方が多いのではないでしょうか?

PMTCや補綴物の再作製の一部は保険適応になっていますが、ホワイトニングは完全自費です。

歯を白くするためにはお口の中全体の治療計画が必要になります。

あまり簡単に考えすぎない方がいいでしょう。

後悔のないように歯科医師としっかり相談されることをお勧めします。

 - 未分類