逮捕容疑は26年3月~27年5月にかけて16回にわたり、同クリニックで歯科医師免許を持たない前川容疑者に歯型取りなどの医療行為をさせたとしている。

佐々木容疑者は「違法と知らなかった」、前川容疑者は「小さな診療所ではどこでもやっている」と供述している。

佐々木容疑者は別会社の経営のためクリニックを不在にすることも多く、前川容疑者に多くの治療を任せていた。同クリニックでは21年からの6年間で 1500人に対し違法な医療行為が行われていたとみられ、「歯の根幹が化膿(かのう)した」「顔が腫れた」と訴える患者もいたという。』

歯科助手とは?

歯科助手は以前、芸能人の木下優樹菜が資格講座の試験に合格したことで話題になりましたよね。

歯科助手はDA(Dental Asistant)と呼ばれます。

歯科助手は、事務の仕事から先生の治療の手助けまで幅広い業務を行います。

治療に使用する器具や薬品の準備や手入れを行い、スムーズに的確に診療が行えるようにすることが基本的な仕事です。

歯科助手の資格は?

歯科助手の資格は民間資格で、あってもなくても仕事をすることは可能です。

歯科助手の資格は民間の資格で様々な機関が認定書を発行しています。

ユーキャン → 技能認定振興協会主催「歯科医療事務管理士」

ヒューマンアカデミー → 全国医療福祉教育協会主催「歯科助手専門員」

ニチイ学館 → ニチイ学館「歯科助手講座」修了

日本歯科医師会 → 歯科助手資格認定制度

日本歯科医師会の「歯科助手資格認定制度」の資格は、乙種第一と乙種第二、甲種の三種類あります。

この認定制度の場合、実際に講習を開催しているのは、各都道府県の歯科医師会です。

つまり、自分が受ける県によって、講習会の日時や受講料が全く違います。

また、受講資格などが設けられていることもあるので、誰でも受講出来るとは限りません。

歯科助手の仕事は?

歯科助手は患者の電話対応・導入、治療の準備・片付け、模型作り、レントゲンの現像はできますが、医療行為を行うことは一切できません。

歯科診療補助についても出来るのは、衛生士と看護師のみです。

歯石取りもちろん歯科助手は行うことが出来ません。歯石取りは歯周病の治療であり、医療行為にあたるためです。

また、レントゲンについても現像はできますが撮影は行うことができません。

歯科助手の給料・待遇は?

歯科助手の給料についてはこちらを参考にされてください。

『歯科助手の給料・年収』

歯科助手の場合、地域差や経験年数のよって給料はかなり左右されます。

歯科医院で働く場合、診療時間がきっちり決まっているので残業などはほとんどありません。

ノルマなどもありませんので非常に働きやすい職業です。

まとめ

今回のニュース記事にあるように歯科助手に医療行為を行わせた場合は逮捕されます。

しかし、歯科医院に行った時にスタッフがそれぞれ、歯科衛生士なのか歯科助手なのかを判断することは不可能です。

どうしても気になる場合は治療の際に衛生士ですか?と尋ねてもいいですし、予約の時に事前に確認をしてみてもいいかもしれません。