歯に関するお悩み、お答えします。

歯医者に関するお悩みをすっきり解決!

*

歯科衛生士になる為の3つのステップ

   

歯医者に行くとたくさんの女性スタッフがいますよね?

患者さんによっては看護師さんと呼ぶ方も多いですが、この女性スタッフは歯科衛生士と歯科助手です。

歯科衛生士と歯科助手の違いについてはこちらをご覧ください。

(『歯科衛生士と歯科助手の3つの違い』)

では歯科衛生士になる為にはどうすればいいのでしょうか?

今回は『歯科衛生士になる為の3つのステップ』を紹介します。

歯科衛生士になる為の3つのステップ その1 学校選び

歯科衛生士になる為には高校卒業後、厚生労働省と文部科学省が認定する歯科衛生士養成の専門学校や短期大学に通い、卒業する必要があります。

専門学校・短大であれば3年、大学であれば4年間在学することになります。

どちらの学校を卒業しても衛生士の資格に違いはありません。

4年制大学の場合は歯科衛生士以外の資格を習得できる大学が多く、大卒の学歴を得ることができます。

歯科衛生士になる為の3つのステップ その2 学校への入学・卒業

学校への入学後は基礎科目・専門科目・臨床実習と単位を取得していきます。

基礎科目は講義室での講義中心、専門科目は相互実習も含めた講義が行われます。

臨床実習は附属の大学病院などがある場合はそちらで行われますが、多くの学校では提携している開業医の病院へ実習で行きます。

在学中は歯科助手のアルバイトとして歯科医院で働く学生もたくさんいます。

勉強しながら働いてお給料がもらえるでお勧めのアルバイトです。

歯科衛生士になる為の3つのステップ その3 就職活動

歯科の業界では一般的な就職活動とは異なり、開始時期などの決まりはありません。

一般企業のように一斉に面接を行う病院もほとんどない為、”早い者勝ち”です。

人気の病院は夏には募集を終了する病院もあるほどですので、希望の病院がある学生は早めに連絡することをお勧めします。

現在の衛生士の求人倍率は約20倍とも言われており、就職には困らない職種です。

歯科衛生士になる為の3つのステップ その4 国家試験

国家試験は例年3月に行われます。

国家試験の受験資格と受験地については厚生労働省のホームページに以下のように書かれています。

〔受験資格〕

(1)文部科学大臣の指定した歯科衛生士学校を卒業したもの(平成28年3月16日(水曜日)までに卒業する見込みの者を含む。)

(2)都道府県知事の指定した歯科衛生士養成所を卒業したもの(平成28年3月16日(水曜日)までに卒業する見込みの者を含む。)

(3)外国の歯科衛生士学校を卒業し、又は外国において歯科衛生士免許を得た者であって、厚生労働大臣が(1)又は(2)に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認めたもの

〔受験地〕

北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県

歯科衛生士の国家試験合格率は例年95%以上と高い数字になっています。

合格発表は3月末にされます。

合格後は歯科衛生士登録を行って登録されて、はれて衛生士として働くことができます。

まとめ

現在、衛生士は引く手あまた状態です。

残業も少なく、給料も悪くない。そして国家資格ですので結婚などで一度リタイアしてもまた働くことも容易にできます。

あまり一般に知られている業種ではありませんがとても面白い仕事ですので選択肢の1つとしてはいい職業ではないでしょうか?

スポンサードリンク





 - ニュース, 歯医者の選び方 , , , , ,