歯に関するお悩み、お答えします。

歯医者に関するお悩みをすっきり解決!

*

セルフホワイトニングとホワイトニングの5つの違い

   

”セルフホワイトニング” という言葉を聞いたことはありますか?

実はこの “セルフホワイトニング” は歯科医院で行うホワイトニングとはまったく別物です。

勘違いをして損をしてしまった人も多いのではないでしょうか?

今回は、『セルフホワイトニングとホワイトニングの5つの違い』を紹介します。

『セルフホワイトニングとホワイトニングの5つの違い』 その1 効果の違い

セルフホワイトニングの効果は歯をもともとの色に戻すこと

それに対して、ホワイトングの効果は ”歯をもともとの色より白くすること”です。

ですから何度やってもセルフホワイトニングの効果は限界があります。

この部分を勘違いしていると満足する効果が得られないと不満ばかりがたまってしまう結果になってしまうでしょう。

『セルフホワイトニングとホワイトニングの5つの違い』 その2 行為の違い

セルフホワイトニングは ”医療行為ではありません”。

つまり、セルフホワイトニングを行っているスタッフが実際にお客さんのお口の中を触ることは一切できません。

スタッフはお客に指示をするだけで、あとはお客さん本人が行います。

これが ”セルフホワイトニング” という名前の由来でもあります。

逆に、資格を持たないスタッフが医療行為を行うと違法行為となり罰せられます。

『セルフホワイトニングとホワイトニングの5つの違い』 その3 薬剤

セルフホワイトングはホワイトニングと違い ”医薬品を使用することができません”。

ホワイトニングでは『過酸化水素』や『過酸化尿素』を使います。

これらの薬剤は医薬品であり、セルフホワイトニングでは使用することはできません。

セルフホワイトニングでは『ポリリン酸』『酸化チタン』などを使用しています。

『ポリリン酸』や『酸化チタン』に漂白作用はありません。

『ポリリン酸』は歯の表面の汚れを分解除去する効果はありますが、LEDの光を当てたからといって効果はありません。

『酸化チタン』についてもLEDの光を当てると光触媒としての効果はありますが、これは歯科医院で行う『過酸化水素』を用いたホワイトニングの効果を向上するために使われるものです。

『セルフホワイトニングとホワイトニングの5つの違い』 その4 術者

セルフホワイトニングはその名前の通り、基本的に ”ご自身” で行うホワイトニングです。

やり方の指導はスタッフが行いますが薬剤の塗布などはご自身で行うことになります。

セルフホワイトニングを行っているお店ではスタッフに衛生士・歯科医師がいるところはほとんどありません。

いたとしても、歯科助手経験者のスタッフがいるくらいです。

歯科医院で行うホワイトニング(オフィスホワイトニング)はすべての処置を ”歯科医師または歯科衛生士” が行います。

『セルフホワイトニングとホワイトニングの3つの違い』 その5 金額

セルフホワイトニングの金額は1回約5,000円です。

それに対して歯科医院でのホワイトニングは保険外で自費診療となり医院によって違いはありますが約2万円~3万円はみておいたほうがいいでしょう。



まとめ

今回は『セルフホワイトニングとホワイトニングの5つの違い』について紹介しました。

最近になって色々なメディアで取り上げられているセルフホワイトニングですが、歯科医院で行われているホワイトニングとは別物と考えてください。

同じと考えてしまうと思ったような効果が得られず損した気分になってしまうかもしれません。

セルフホワイトニングと歯科医院でのホワイトニングをきちんと使い分けることが大切かもしれませんね。






 

 - ホワイトニング , , , , , ,