歯に関するお悩み、お答えします。

歯医者に関するお悩みをすっきり解決!

*

6月4日は「むし歯予防デー」

   

6月4日は「むし歯予防デー」です。

日本歯科医師会によって制定され、6月4日~6月10日を「歯と口の健康週間」としています。

各地域の歯科医師会ではお口の健康に関する様々なイベントが開催されています。

目的

歯と口の健康に関する正しい知識を国民に対して普及啓発するとともに、歯科疾患の予防に関する適切な習慣の定着を図り、併せてその早期発見及び早期治療を徹底することにより歯の寿命を延ばし、国民の健康の保持増進に寄与することを目的としています。2015年度(平成27年度)は「おくりたい 未来の自分に きれいな歯」の標語のもと、全国各地で地域住民参加型の各種啓発事業を展開しました。

『日本歯科医師会』より引用

歴史

厚生労働省、文部科学省、日本歯科医師会が1958年(昭和33年)から実施している週間です。

1928年(昭和3年)から1938年(昭和13年)まで日本歯科医師会が、「6(む)4(し)」にちなんで6月4日に「虫歯予防デー」を実施していました。1939年(昭和14年)から1941年(昭和16年)まで「護歯日」、1942年(昭和17年)に「健民ムシ歯予防運動」としていましたが、1943年から1947年までは中止されていました。しかし、1949年(昭和24年)、これを復活させる形で「口腔衛生週間」が制定されました。1952年(昭和27年)に「口腔衛生強調運動」、1956年(昭和31年)に再度「口腔衛生週間」に名称を変更し、1958年(昭和33年)から2012年(平成24年)まで「歯の衛生週間」、そして2013年(平成25年)より「歯と口の健康週間」になっています。

『日本歯科医師会』より引用

虫歯とは?

むし歯は医学的には ”齲蝕(うしょく)”  または ”カリエス(Caries)”と呼びます。

むし歯の原因はミュータンス菌と呼ばれる細菌です。

この細菌が糖を分解して酸を作り出します。この酸によって歯が溶かされた状態がむし歯です。

また、むし歯は進行の程度によって5つの段階に分けられます。

・C0 歯の表面が脱灰(少し溶かされている)している状態0167001001

・C1 エナメル質がむし歯によって溶かされた状態

0167001002

・C2 むし歯が象牙質にまで進行した状態

0167001003

・C3 むし歯が神経に達した状態

0167001004

・C4 むし歯が進行して根っこしか残ってない状態

0167001005

むし歯の治療法

むし歯の治療方法の基本は ”むし歯を除去して埋める” です。

むし歯は自然に治ることはありません。

また、現在の治療技術ではむし歯になってしまった歯を再生(元に戻す)することはできません。

削った部分を埋める素材については様々な素材がでてきています。

治療方法によっては1日で治療を終わらせることも可能です。

治療についてはこちらをご覧ください。

『削った後の詰め物はどんな種類があるの?②』

『削った後の詰め物はどんな種類があるの?①』

むし歯の予防方法

むし歯の予防方法についてはこちらをご覧ください。

『むし歯を予防する7つのSTEP』

むし歯予防の基本的な考え方は、”むし歯の原因菌を減らすこと” ・ ”むし歯菌が酸を作る為の糖を口の中に残さないこと” と・”歯の質を強化する” ことです。

最初の2つについては毎日のブラッシングで十分に対応することができます。

”歯の質の強化” に必要なのはフッ素です。

フッ素は市販の歯磨き粉にも配合されています。毎日の歯磨きでも十分対応できますが、歯科医院ではより高濃度のフッ素を使うことができますので、定期的に通うことでかなり高い効果を得ることができます。

まとめ

6月4日の「むし歯予防デー」ということでむし歯について書いてみました。

昔に比べて1人1人のむし歯の本数が減少しているのは確かです。

しかし、定期的に歯科検診を受けている方も多くはないのでしょうか?

むし歯予防には定期的な歯科検診が必要不可欠です。

ぜひ、3か月に1回は歯科検診を受けるようにしてください。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-3712768171446875"
data-ad-slot="9409250747">



 - 予防, 虫歯 , , , , , ,