歯に関するお悩み、お答えします。

歯医者に関するお悩みをすっきり解決!

*

【知っておきたい!!】ホームホワイトニングの3つのデメリット

   

ホワイトニングに興味がある方はとても多いのではないでしょうか?

一言にホワイトニングと言ってもいくつかの方法があり、それぞれにメリットデメリットがあります。

特に今回は、【ホームホワイトニングの3つのデメリット】に焦点をあてて記事を書きたいと思います。

ホームホワイトニングとは?

まずは、ホームホワイトニングとは何なのか?ということについてです。

ホームホワイトニングについては『ホームホワイトニングとは?』を読んでください。

簡単にホームホワイトニングについて説明すると、マウスピースを作って、そのマウスピースに薬液を入れて装着して歯を白くする方法です。

ホームホワイトニングの3つのデメリット

1.効果が出るまで時間がかかる

ホームホワイトニングの場合、オフィスホワイトニングに比べて歯が白くなるまでに時間がかかります。

ホームホワイトニングは家で患者さん自身に行ってもらうホワイトニングの為、薬液の濃度がオフィスホワイトニングのものに比べて低くなっているのでどうしても時間がかかってしまいます。

個人差はありますが、1週間から2週間続けてもらい、効果を確認して、ホワイトニングを続けるかどうかを患者さんと相談して決めていきます。

もちろん、ホワイトニングを続ける場合、新しい薬液を購入する必要があります。

多くの場合、オフィスホワイトニングとの併用を勧められると思います。もし、ホームホワイトニングのみされている方で十分な効果が得られない場合はオフィスホワイトニングを併用されることをお勧めします。

2.自分で効果がわかりにくい

すぐに効果がでるオフィスホワイトニングに比べて、徐々に効果が現れるホームホワイトニングでは、患者さん自身で効果が実感しにくいです。

毎日、会ってる人の体型の変化って気づきにくいですよね?

それと同じ現象が起きてしまいます。

なので、『変化がない!変化がない!』と思っていても、ホワイトニング前の写真と比較するとちゃんと効果が出ているケースが多く見られます。

効果が実感できないないからといって辞めてしまわずに、決められた期間はきっちりとホワイトニングを続けることをおススメします。

3.毎日続けるのが大変

ホームホワイトニング毎日2時間、マウスピースに薬液を入れて装着することが推奨されています。(メーカーによって時間は前後します。)

毎日2時間という時間を確保するのが意外と大変です。

マウスピース自体は薄いシートで作るので若干の違和感があるくらいで、着けたまま家事をしたりお風呂に入ったりすることはできますが、それでも毎日2時間、確保するのは結構大変です。

しかし、しっかりした効果を得る為には毎日継続して行う必要があります。

女性の場合、生理周期によって歯肉に違和感が出やすい人はホワイトニングの薬液によって強い違和感があることもあるようですのでホワイトニングを開始する時期には注意が必要かもしれません。

まとめ

ホームホワイトニング家で気軽にできるホワイトニングである一方で、デメリットもあります。

デメリットもしっかり理解したうえでホワイトニングを開始しないとトラブルの原因になってしまいます。

きちんと理解したうえで行えば、きちんとした効果が得られるのも確かです。

きちんと理解して白い歯を目指しましょう!!

 

 - ホワイトニング , , , , , , , , , ,