歯に関するお悩み、お答えします。

歯医者に関するお悩みをすっきり解決!

*

糖尿病の人が歯医者に行った方がいい3つの理由

   

毎日の診療の中で、生活習慣病の治療をされている患者さんとたくさん出会います。

特に、注意が必要なのは糖尿病の方です!!

糖尿病の治療をされている方は必ず定期的に歯科医院で定期健診を受けることをおススメします。

今回は、「糖尿病の人が歯医者に行った方がいい3つの理由」を紹介します。

糖尿病の人が歯医者に行った方がいい3つの理由

理由① 歯周病は糖尿病を悪化させる

歯周病が糖尿病の悪化因子になることは『糖尿病情報センター』のホームページにも書かれています。

なぜ、歯肉の炎症である歯周病が糖尿病に関わってくるのでしょうか。出血や膿を出しているような歯周ポケットからは、炎症に関連した化学物質が血管を経由して体中に放出されています。
中等度以上の歯周ポケットが口の中全体にある場合、そのポケット表面積の合計は掌(てのひら)と同じ程度と考えられています。歯周ポケットの中身は外からはなかなか見えませんが、手のひらサイズの出血や膿が治療なしで放置されていると考えると、からだ全体からも無視できない問題であることが理解できると思います。
ポケットから出て血流にのった炎症関連の化学物質は、体のなかで血糖値を下げるインスリンを効きにくくします(インスリン抵抗性)。そのため、糖尿病が発症・進行しやすくなります。

理由② 糖尿病は歯周病を悪化させる

歯周病の原因は細菌です。

つまり、歯周病は細菌が原因の感染です。

糖尿病の方で、血糖値が高い状態が続くと、免疫力の低下により、感染が起こりやすい状態になります。

このような状態が続くと、歯周病になりやすく、歯周病を進行させてしまう原因になってしまうのです。

理由③ 外科処置が困難になる

口の中には何億という細菌が、どんなに健康な人でも存在します。

健康な人でも、抜歯などの外科処置をした後は感染に注意が必要で、抗生剤の服用が必須になります。

糖尿病の人の場合、糖尿病の影響で感染が起こりやすい状態となっており、開業医での外科処置が難しく大学病院を紹介されたりする可能性が高くなってしまいます。

痛みが出て、抜歯の適応となっているのに、抜歯の処置を受けられず大学病院まで行かないといけなるのは、とても苦痛をともなうことになってしまいます。

万が一、外科処置後に感染を起こしてしまったら、程度によっては生死を争う一大事になりかねません。

まずは、抜歯をしなくてはいけない歯を作らないことが大切で、その為に、定期的なメンテナンスが大事になります。

まとめ

糖尿病には色々な症状が言われていますが、お口の中ににも大きな影響を及ぼします。

歯周病の進行は代表的な、糖尿病の影響の1つです。

歯周病定期的なメンテナンス日頃のお手入れで予防することが出来ます。

外科処置をしなくていいように、しっかりとメンテナンスをしていくことが糖尿病の方には必要になってきます。

 - 歯周病 , , , , , , , , ,