歯に関するお悩み、お答えします。

歯医者に関するお悩みをすっきり解決!

*

マウスピース矯正のメリット・デメリット

   

矯正をしようかと考えている方なら

”マウスピース矯正”という言葉を聞いたことがあるんじゃないでしょうか?

最近では、SNSでマウスピース矯正の経過を投稿している人も多くみかけます。

しかし、マウスピース矯正にはメリットデメリットがります。

今回は【マウスピース矯正のメリット・デメリット】を紹介します。

マウスピース矯正とは?

マウスピース矯正は、取り外しのできる透明なマウスピースを使った矯正治療です。

徐々に理想的な歯並びに近づくように、患者さんの歯並びに合わせ段階的に取り変えながら矯正を行う、矯正治療の中でも新しい治療方法です。

マウスピース矯正のメリット

メリット① 透明で目立たない

矯正治療といえば、歯にワイヤーを付けて行う矯正治療がほとんどの人がイメージする矯正治療でしょう。

しかし、その見た目から、矯正治療を躊躇している人も多いのではないでしょうか?

マウスピース矯正では、透明なマウスピースを使って矯正治療を進める為、矯正していることを人にほとんど気づかれることなく、矯正治療を行うことができます。

メリット② 自分で取り外しが出来る

マウスピースはいつでも取り外しが出来ます。

食事の時に外せて、好きなものが食べれるのは他の矯正装置ではなかな叶えることのないメリットです。

他の矯正装置では、粘着性のあるものは禁止飴などをガリガリ咬むのも禁止など色々な制約がありますが、マウスピース矯正では、食事の時はマウスピースを外して食事を楽しめるので、好きな物を矯正をしてない時と同じように好きなものを食べる事ができます。

外したマウスピースは専用の洗浄剤で消毒することができるので清潔な状態を保つことができます。

メリット③ 金属アレルギーほ人でも矯正ができる

ほとんどの矯正装置には金属のワイヤーが使われています。

金属アレルギーの方で矯正を諦めてた人もマウスピース矯正なら金属を使わないので、安心して矯正治療を受けることができます。

メリット④ 口内炎になりにくい

金属を使っている装置で矯正を行っている場合、口内炎になりやすかったり、スポーツ中に唇を傷つけてしまったりすることが多いです。

しかし、マウスピース矯正の場合は口の中を傷つけるようなことがありません。

メリット⑤ 通院回数が少ない

基本的に、治療が軌道にのってくると通院は2ヶ月に1回ほどで矯正治療ができます。

他の強制装置の場合は2週間~1ヶ月に1回通院をして、ワイヤーの調整などをする必要がありますが、マウスピースは決められた通りにマウスピースを使うだけなので、通院回数が少なくて済みます。

マウスピース矯正のデメリット

デメリット① 装着時間を守らないと効果がない

メーカーによって装着時間の基準が異なりますが、基本的には10時間以上マウスピースを装着しなければなりません。

長いものでは1日20時間と説明されているものもあります。

装着時間を守らなければ、装着していない間は矯正力が働かない為、歯が動かず治療期間が長くなるばかりか、元の状態に戻ってしまうこともあります。

デメリット② 適応になる症例に限りがある

マウスピース矯正の場合、治療できる症例が限られてしまいます。

簡単に言えば、矯正治療の中でも簡単な症例歯の移動量が極端に大きくない症例に限られます。

複雑な移動が必要な症例などはマウスピース矯正を行うことができません。

デメリット③ マウスピースをなくすと治療ができなくなる

矯正用のマウスピースは食事の時にはずさなければいけません。

家で食事をしている時は、決まった場所に置いておけば、なくなることはまずないでしょう。

しかし、飲み会などの外食の時に、お店に忘れてしまったり、家ではティッシュに包んで置いておいたら、ティッシュと一緒に捨てられてしまったというケースも多く聞きます。

マウスピースをなくしてしまうと、新しいマウスピースが出来るまで、治療が中断してしまいます。

また、歯科医院によっては追加料金が必要になる事もあるので、外食の時などなくさないように気をつけておかないといけないので、管理が少し大変です。





まとめ

マウスピース矯正矯正独特の器具が見せずに矯正ができるので見た目を気にする人は一度は相談してみてもいいかもしれませんね。

でも、マウスピース矯正にもデメリットはあります。

そして、マウスピース矯正を行っていない病院も多くあるので、まずは、歯科医院のホームページなどで確認をしてから来院することをおススメします。

 

 

 

 - 矯正 , , , , , , , , , , , ,